【inti4体験記】アラーム無しで起きるのは無理?1ヶ月継続使用した感想
【inti4体験記】アラーム無しで起きるのは無理?1ヶ月継続使用した感想

「inti4を1ヶ月使うとどうなるのか」

「inti4は本当に効果があるのか」

「実際に使った人の意見が聞きたい」

この記事は、こんな疑問・要望を持ったあなたに向けた記事です。

なぜなら、実際に1ヶ月間使用し続けた自分が、inti4の本当のところを赤裸々にお話ししているからです。

この記事の中では、inti4を実際に1ヶ月使った感想、inti4は本当に効果があるのか、inti4の欠点について紹介します。

この記事を読み終えると、inti4を1ヶ月使い続けるとどうなるのか、inti4の効果がどれほどのものかが理解でき、あなたがinti4を選ぶべきかどうかが分かります。

実際にinti4を1ヶ月使った結果!

実際に1ヶ月間inti4を使い続けました。

その結果として、生活リズムはほぼ完全に改善され、朝もだいたい同じ時間に起きられるようになっています。

 

ただ、今のところはアラーム無しでは起きることができません。

現状は決まった時間に起きる必要がないので、特に問題はありませんが、サラリーマンや学生の人はこれだと困るでしょう。

 

とはいえ、アラームさえ使えば、決まった時間に起きることは可能です。

「それだと普通の目覚ましで起きるのと変わらないんじゃないの?」という意見はあると思います。

inti4の場合は、光と合わせて起きるため、アラームだけで無理やり起こされている感じはほとんどなく、目覚めはアラームだけの場合と比べると快適です。

 

朝に強い光を浴びることで、日中に眠たくなることがなくなり、夜もほぼ同じ時間に眠くなるため、生活リズムがうまく整えられたんだと思います。

結論としては、「生活リズムが崩れて困っている人」「朝、起きるのが辛い人」には効果が期待できるので、一度試してみて欲しいですね!

1ヶ月使い続ける中で、習慣化したことなどを次の項目で紹介します。

前回の挙げた今後の改善点のおさらい

inti4の1週間使用後の感想で挙げた、今後の行動予定は次の通りです。

前回挙げた今後の行動
  • 二度寝をしない
  • 習慣を続ける
  • 決まった時間に起きる
  • アームを買い替えて光をちゃんと浴びる

 

1週間使用すると使い始める前と比べると、朝に目覚められるようにはなってきていましたが、二度寝や決まった時間に起きられない問題がありました。そこで、1週間続けた習慣を継続しつつ、二度寝をしないようにするように心がけて1ヶ月間過ごしました。

実際に試してみたこと

アーム買い替えてより光を浴びやすくなった

前回購入したアームは貧弱すぎて、ほぼ使い物になりませんでした。。。

そこで、しっかりとしたアームを買い直したことにより、ほぼ顔の真上にinti4を設置できるようになり、毎朝起きる時にしっかりと光を浴びられる環境を作りました。

inti4にアームを取り付け

ほぼ顔の真上に来るので、とても眩しい

遮光カーテンで光を遮ってみたけど、効果なかった

朝の5時とかに朝日が入ってくるのが、早く起きすぎる原因と考えていましたが、遮光カーテンを使って朝日を遮断しても、特に効果はありませんでした。これに関しては、単純に使い続けるうちに自然に改善されています。

今までが起きる時に強い光を浴びていなかったため、光に対して過剰に反応してしまっていたのかもしれません。

アラームなしで起きられるか試してみた

アラーム無しでも本当に起きられるのか試してみましたが、結果としては不可能でした。

30分〜1時間ほど起きる時間に差が出てくるため、現状ではアラーム無しではうまく起きられないという結果になってしまいました。

継続した習慣と新しい習慣

毎朝ニュースを見ながら30分光を浴びる

朝起きる時とは別に、ニュースなどを観ながら30分ほど光を浴びます。

これをやるのとやらないのとでは大きな差が出てきて、光を浴びているとどんどん覚醒していく感覚があり、その後の作業へのやる気も出てきます。

また、日中眠くなることはまったくなく、夜はすぐに寝られることにも繋がってきていると考えられます。

寝る前に1時間ぐらいKindleで読書

これは新しく習慣化したものですが、かなり良いですね。

Kindleはバックライトではなく、フロントライトであるため目に優しく、スマホほどブルーライトを出さないため、読んでいるうちにどんどん眠くなってきます。知識を増やすことにも繋がるし、かなりおすすめできます。

1ヶ月使うことでわかったinti4の欠点

まず始めに光だけで決まった時間にスッキリと起きることは難しいということ。

確実に光を顔に当てる必要があるので、設置にこだわらないといけません。

公式サイトに書いてあるように、机の上に置くだけでは物足りないでしょう。

 

光を確実に顔に当てられるように設置しても、必ず決まった時間に起きることができるかどうかは別です。

自分の場合はアラームを併用して対応していますが、本当であれば光だけで起きたいところ。

学生やサラリーマンは、決まった時間に起きなければならないので、アラームは必須ですね。

 

次にアプリが使いづらいこと。

自分はAndroidを使用していますが、公式で使えると公言しているはずの睡眠アラームアプリ「somnus」が使えません。代わりに公式アプリを使用していますが、毎回Bluetooth接続が必要だったりと面倒臭いです。

夜にBluetooth接続しても、朝起きる頃には接続が切れているため、アラームの停止では毎回inti4本体で操作しています。

 

加えて、スヌーズ機能の止め方がわからない。。。

まぁ、毎朝起きた後に座って光を浴びるので、一度電源を切るからそれで対応していますが、ちょっと不親切ですね。

 

いろいろ文句は言っていますが、個人的に感じた効果を考えれば、我慢できるレベルかなと思っています。

まとめ:効果はあるけど、現状はアラーム無しでは起きられない

inti4を使う前と後では、決定的に朝の目覚めに関しては変わりました。

個人的には生活リズムを整えるきっかけとなったことが、もっともメリットを感じられましたね。

 

現状では、アラーム無しでは起きることができないため、万人にすすめられるかと言われると微妙なところですが、メーカーも「3ヶ月は続けて欲しい」と言っている通り、まずは3ヶ月続けてみたいと思います。

 

少なくともあなたが、生活リズムがガタガタで困っていたり、朝の目覚めを良くしたいと考えているのであれば、一度は試してみて欲しいと思います。

 

今後も使い続けていく中で、共有したいことができたら記事にしていきます。

 



↓前回の記事↓

おすすめの記事